マイナンバー(個人番号)とは

国民一人ひとりが持つ12桁の番号のことです。マイナンバーの利用により、税や年金、雇用保険などの行政手続きに必要だった添付書類が削減され、これらの手続きでの利便性が高まるほか、行政事務の効率化や、公平な各種給付の確保などが実現できます。
平成27年10月から、住民票を有する全ての人に、1人1つのマイナンバー(個人番号)が通知されます。

平成28年1月1日以降の個人口座の開設には、以下のマイナンバー確認書類のうち1点をお送りいただく必要があります。

通知カード

通知カードは、マイナンバーを通知するもので、平成27年10月中旬以降、住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留により郵送されます。通知カードは紙のカードで、あなたの個人番号の他、住所、氏名、生年月日、性別等が記載されており、透かし等の偽造防止技術も施されています。

※マイナンバーは通知カードの【表面】に記載されています。ご送付いただく際は【表面】をお送りください。
※口座開設には通知カードと併せて、顔写真付き本人確認書類は1点(例:運転免許証など)、顔写真が無い本人確認書類は2点(例:健康保険証など)必要となります。

個人番号カード

個人番号カードは、本人の申請により交付され、個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用でき、また、様々な行政サービスを受けることができるようになるICカードです。個人番号カードには、個人番号、住所、氏名、生年月日、性別の他、顔写真が記載されており、番号確認と本人確認が1枚で行えます。

※個人番号カードをご送付いただく際は【表面】と【裏面】の両面をお送りください。
※写真部分が確認できる状態でお送りください。

住民票(マイナンバー)

2015年10月5日から、住民票の写しに、「マイナンバー(個人番号)」が記載できるようになりました。
住民票の写しや住民票記載事項証明書を取得する際に、本人が希望すればマイナンバーが記載されたものが交付されます。

※口座開設には住民票(マイナンバー)と併せて、本人確認書類をお送りいただく必要があります。
※マイナンバー確認のためにお送りいただく住民票の写し、住民票記載事項証明書はコピー(画像を添付)可です。

マイナンバーを含む本人確認書類等をメールに添付してお送りいただく際には、念のため、パスワード設定するなどの対応をお願いいたします。
また、マイナンバーをFAXにてお送りいただく場合は、お手数ですが、送付前にご連絡をくださいますようお願い致します。
お送りいただきました書類は弊社にて厳重に管理致します。