コーヒーブレイク

ちょっと一息

ロンドン便り Part-1

ロンドンに到着して2ヶ月、一人暮らしを始めて1ヶ月、ロンドンライフを満喫している。その一端をご紹介しましょう。

Tube
ロンドンでは地下鉄の事を「チューブ」と呼ぶ。これが本当にひどい。現在11本(たぶん)のラインがあるのだが、乗り換える時、迷路のような通路を延々と歩かなければならない。しかも人がいっぱいで、いつも「今火事が起きたら絶対死ぬな」と考えながら歩いている。階段も多く、車いすでは絶対無理。その上しょっちゅうどこかが故障して、遅れたり、止まったりが日常茶飯事。地下鉄の状態は駅やネットで確認でき、Good serviceとでていると、「問題なく普通に動いています」という意味。決してGood serviceではない。


Bus
おなじみの赤い2階建てバス。中には少し地味な1階建てもある。数えきれないくらいたくさんのバスがロンドン中を走っていて、チューブより人に優しい。車いすの人が待っていれば、入り口の下から板が出て来て、一人で乗り降りが出来るようになっている。もちろん、車いす用の場所も確保されている。またお年寄りや、赤ちゃん連れの人には椅子を譲る人がとても多い。
ある朝の通勤時、なんでもないところで止まって動かなくなった。別に渋滞している訳でもなく、故障して何かを修理している訳でもない。うーん、どうしよう。このままじゃ遅刻してしまう。降りて歩いた方がいいのかな?と思っていると、誰かが運転手に「何をしてるのか?」って強めに聞いた。運転手は「8分早いので時間調整している」と普通に答えてる。えーっ、今ここで?!お客さんこんなに乗っているのに。


Oyster Card
Oyster Cardはバス、地下鉄など、ロンドンの交通機関で共通に使える、とっても便利のよいプリペイドカード。その上、割引率がすごい。例えば、地下鉄にキャッシュで乗ろうとすると、一番近くても£4.30かかるのに、Oyster Cardを使えば、£2.00。定期というのはないので、Oyster Cardの7 Day Travel card £29.20というのを使っている。1週間、何回乗ってもOK。一度このカードを買えば、後はそのカードに追加入金してくだけ。
 

私はいつも窓口で、2週間分を追加していた。
なのに、先日は
(私)「明日から2週間分」
(係員)「1週間」
(私)「いえ、2週間です」
(係員)「私たちは1週間分しか売りません」
ですと。「はっ?今まで、ずっと2週間分追加していたのに!」
でももちろん、そんな事はまだ言えないので、1週間分にいたしました。人が変わればルールも変わるのだ。


Shopping
とにかくお店の人が怖い。もちろんスタッフ教育をきちんとしているお店もあるにはあるけれど、一番庶民的なスーパーのレジなんか、「袋いるの?」「は、はい。お願いします」とこんな感じ。あのぉ、私お客なのだけど。


と、なかなかエキサイティングな毎日を過ごしております。誰か代わりたい人はいませんか?

−つづく−

記事一覧



閉じる