経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=続伸、緩やかな米利上げ予想を好感

2017年03月21日(火)03時45分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 17/ 4 1234.0 + 3.8 プラチナ  17/ 4 972.4 + 9.4
  17/ 6 1237.2 + 4.0       17/ 7 975.8 + 9.4
銀 17/ 5 1743.8 + 2.5 パラジウム 17/ 6 781.65 + 5.85
  17/ 7 1750.9 + 2.6       17/ 9 782.20 + 5.80
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金は続伸、銀は小幅続伸。終値の前週末比は、金が3.6〜4.0ドル
高、中心限月の4月限が3.8ドル高、銀が2.4〜2.7セント高、中心限月の5月
限が2.5セント高。
 金4月限は、ドル安や米株価指数先物の下落で先週高値を抜いたあと、ドル反発や原
油急落で反落したが、緩やかな米利上げ予想や当局者のインフレ容認発言で反発した。
 銀5月限は、ドル安や金の反発で金曜高値を抜いたあと、ドル反発や原油急落、米株
価指数先物の下落で値を消したが、緩やかな米利上げ予想や金の反発でプラスに浮上。
 プラチナ系貴金属(PGM)は、プラチナ、パラジウムともに続伸。終値の前週末比
は、プラチナが軒並み9.4ドル高、中心限月の4月限が9.4ドル高、パラジウムが
5.80〜5.85ドル高、中心限月の6月限が5.85ドル高。
 プラチナ4月限は、金曜高値を突破したあと、ドル反発や原油急落、米株価指数先物
の下落で値を消したが、緩やかな米利上げ予想やインフレ容認発言で上値を伸ばした。
 パラジウム6月限は、原油急落や米株価指数先物の下落、ドル反発で値を消したが、
金・プラチナの反発や緩やかな米利上げ予想、インフレ容認発言で今月の高値を更新。
                                 (みんかぶ)