経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=パラジウムを除き上昇、ドル安・原油高の加速で

2017年05月20日(土)03時31分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 17/ 6 1253.6 + 0.8 プラチナ  17/ 7 940.2 + 3.4
  17/ 8 1256.8 + 0.7       17/10 943.2 + 3.2
銀 17/ 7 1679.6 + 12.6 パラジウム 17/ 6 760.70 - 4.75
  17/ 9 1686.7 + 12.5       17/ 9 759.80 - 4.65
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金は小反発、銀は反発。終値の前日比は、金が0.7〜1.0ドル高、
中心限月の6月限が0.8ドル高、銀が12.3〜12.9セント高、中心限月の7月
限が12.6セント高。
 金6月限は、前日安値を維持したあとは、ドル安・原油高の加速や、ロシア・ゲート
による米国の政局不安で反発した。ただ、米国株の急伸や長期金利低下が頭を抑えた。
 銀7月限は、ロシア・ゲートによる米国の政局不安や、ドル安・原油高の加速、米株
価指数先物の上値追い、金の反発で値を飛ばした。ただ、金の反落で上げ幅を削った。
 プラチナ系貴金属(PGM)は、プラチナが反発、パラジウムが続落。終値の前日比
は、プラチナが3.2〜3.5ドル高、中心限月の7月限が3.4ドル高、パラジウム
が4.75〜4.65ドル安、中心限月の6月限が4.75ドル安。
 プラチナ7月限は、トランプ米大統領のロシア・ゲートによる米国の政局不安や、ド
ル安・原油高の加速、米国株の急伸で値を飛ばした。ただ、金の反落で上げ幅を縮小。
 パラジウム6月限は、売りが先行して760ドルを下回ったあと、ドル安・株高・原
油高やプラチナ反発で切り返したが、米国の政局不安による手じまい売りで反落した。
                                 (みんかぶ)