経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=パラジウムを除き続伸、地政学的リスク・ドル安で

2017年08月12日(土)05時06分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 17/10 1290.7 + 4.0 プラチナ  17/10 989.7 + 3.8
17/12 1294.0 + 3.9       18/ 1 992.5 + 3.8
銀 17/ 9 1707.0 + 0.5 パラジウム  17/ 9 894.70 - 2.35
  17/12 1715.6 + 0.4       17/12 889.60 - 2.10
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は総じて続伸。終値の前日比は、金が3.6〜4.0ドル高、中
心限月の12月限が3.9ドル高、銀が0.2〜0.5セント高、中心限月の9月限が
0.5セント高。
 金12月限は、続伸。序盤から中盤は短期的な買い過剰感から上げ一服感が出たが、
北朝鮮・米国間の緊張が一段と増し、強基調が揺らぐことはなく、終盤にかけてジリ高
となり、1298.1ドルまで上昇し、直近の高値更新の動きとなった。ニューヨーク
ダウは小反発したが、ドル安継続も追い風。
 銀9月限は金高に支援され、買い先行。1720セントが抵抗線となり、前日の高値
1724.0セントの更新はなく、上値追いにはならず。
 プラチナ系貴金属(PGM)は、プラチナが続伸、パラジウム総じて反落。終値の前
日比は、プラチナが3.6〜3.9ドル高、中心限月の10月限が3.8ドル高、パラ
ジウムが2.35〜2.05ドル安、中心限月の9月限は2.35ドル安。
 プラチナ10月限は、続伸。引き続き金高と強気のテクニカル要因に支援され、買い
先行となり、996.7ドルまで上昇し、1000ドルの大台を意識するまで上伸し
た。パラジウム9月限は、反落。
                                 (みんかぶ)