経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=軒並み下落、ドル高が圧迫

2017年09月14日(木)05時04分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 17/10 1324.2 - 4.6 プラチナ  17/10 983.2 - 3.3
17/12 1328.0 - 4.7       18/ 1 986.7 - 3.4
銀 17/ 9 1777.2 - 2.3 パラジウム 17/ 9 939.35 - 9.70
  17/12 1786.7 - 2.3       17/12 933.70 - 9.70
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は続落。終値の前日比は、金が5.1〜4.5ドル安、中心限月
の12月限が4.7ドル安、銀が2.3〜1.0セント安、中心限月の12月限が
2.3セント安。
 金12月限は、続落。北朝鮮が国連安保理の制裁決議を非難し、先行き懸念が残った
が、8月の米生産者物価指数の上昇を受けてドル高に振れたことをきっかけに売り圧力
が強まって下落した。
 銀12月限は、ドル高をきっかけに戻り売り圧力が強まった。
 プラチナ系貴金属(PGM)は、軒並み下落。終値の前日比は、プラチナが3.4〜
3.3ドル安、中心限月の10月限が3.3ドル安、パラジウムが9.70ドル安、中
心限月の12月限は9.70ドル安。
 プラチナ10月限は、続落。テクニカル面での悪化などを受けて軟調に推移すると、
米生産者物価指数の上昇をきっかけとしたドル高が圧迫要因となり、8月28日以来の
安値979.5ドルを付けた。
 パラジウム12月限は、ドル高などを背景に戻りを売られて反落した。
                                 (みんかぶ)