経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は需給報告後の買戻し受け反発、コーンは小動き

2017年09月14日(木)05時22分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2017/ 9 953.00 + 8.75
2017/11 960.50 + 10.00
 コーン       2017/ 9 338.50 - 1.50
2017/12 351.50 0.00
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は反発、コーンは小動き。
 大豆は反発。終値の前営業日比は5.00〜10.00セント高。中心限月の11月
限は10.00セント高の960.50セント。
 11月限は米農務省(USDA)需給報告発表後に大きく値を落とした直後となるな
か、アジア時間から買い戻す動きが見られたが、日中取引開始後は弱材料織り込み感が
強まるなか、買い戻しが活発化した。この日は前日に続いてメキシコ向けの大量成約を
USDAが明らかにしたことも買いをサポートする要因となり、中心限月は960セン
ト台を回復して終えた。
 コーンは小幅続落。終値の前営業日比は1.50セント安〜0.50セント高。中心
限月の12月限は変わらず351.50セント。
 USDA需給報告が売りを呼んだ前日の取引後で買い戻す動きがアジア時間から見ら
れた。他農産物の上昇も手掛かりとなって買いを誘発していたものの、この日の高値と
なる356.75セントを付けた直後に売られて値を落とした後はもちあいにとどまっ
た。需給報告のサプライズは織り込まれたものの、米国ではコーンの収穫が始まってお
り、今後、供給量の大幅な増加は避けられないとの見方が強いだけに上値は抑制され
た。
                                 (みんかぶ)