経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=軒並み上昇、米FOMC議事録などが支援

2017年10月13日(金)05時06分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 17/10 1293.3 + 7.5 プラチナ  17/10 939.1 + 8.7
17/12 1296.5 + 7.6       18/ 1 941.8 + 8.6
銀 17/12 1726.6 + 13.3 パラジウム 17/12 973.70 + 14.75
  18/ 3 1736.4 + 13.4       18/ 3 963.15 + 10.30
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は反発。終値の前日比は、金が7.4〜7.8ドル高、中心限月
の12月限が7.6ドル高、銀が13.0〜13.4セント高、中心限月の12月限が
13.3セント高。
 金12月限は、反発。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で一部ハト派の見方
が示されたことが支援要因となったが、米消費者物価指数の発表などを控えて上げ一服
となった。
 銀12月限は、米FOMC議事録や金上昇を受けて堅調となった。
 プラチナ系貴金属(PGM)は、プラチナが反発、パラジウムは続伸。終値の前日比
は、プラチナが8.6〜9.1ドル高、中心限月の1月限が8.6ドル高、パラジウム
が9.85〜14.75ドル高、中心限月の12月限は14.75ドル高。
 プラチナ1月限は、反発。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で一部ハト派の
見方が示されたことや、パラジウム堅調などを受けて反発した。
 パラジウム12月限は、中国の自動車販売増加などを受けて堅調となった。
                                 (みんかぶ)