経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=金は続伸、株安で地合いを引き締める

2017年11月15日(水)05時07分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 17/12 1282.9 + 4.0 プラチナ  18/ 1 927.3 - 8.3
18/ 2 1287.3 + 4.0       18/ 4 931.7 - 8.2
銀 17/12 1707.3 + 2.6 パラジウム 17/12 985.55 - 4.15
  18/ 3 1716.7 + 2.6       18/ 3 979.75 - 4.30
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は続伸。終値の前日比は、金が3.8〜4.2ドル高、中心限月
の12月限が4.0ドル高、銀が2.6〜3.6セント高、中心限月の12月限が
2.6セント高。
 金12月限は、続伸。時間外取引で上値の重さからテクニカル要因の売りが出て下落
する場面も見られたが、日中取引では株安をきっかけに地合いを引き締めた。
 銀12月限は、時間外取引で下落したが、日中取引では金堅調につれ高となった。

 プラチナ系貴金属(PGM)は、プラチナが反落、パラジウムは続落。終値の前日比
は、プラチナが8.5〜8.1ドル安、中心限月の1月限が8.3ドル安、パラジウム
が4.30〜4.15ドル安、中心限月の12月限は4.15ドル安。
 プラチナ1月限は、反落。時間外取引で金下落につれ安となると、日中取引では株安
やパラジウム軟調を受けて戻りを売られて下落した。
 パラジウム12月限は、株安などを受けて売り優勢となった。
                                 (みんかぶ)