経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は反発、コーンは下落、需給報告が手掛かりに

2018年01月13日(土)05時16分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2018/01 944.00 + 3.50
2018/03 960.50 + 10.50
 コーン       2018/03 346.25 - 2.50
2018/05 354.75 - 2.25
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は反発、コーンは下落。

 大豆は反発。期近3限月の終値の前営業日比は3.50〜11.00セント高。中心
限月の3月限は10.50セント高の960.50セント。

 米農務省(USDA)が需給報告において17/18年度の米国の大豆イールド(単
収)並びに生産量予測を引き下げたことが強気のサプライズとなって買われた。また、
中国が12月に米国産大豆に対して強い需要を見せて居たとの見方も買いを呼ぶ手掛か
りとなった。
 コーンは下落。期近3限月の終値の前営業日比は2.50〜2.25セント安。中心
限月の3月限は2.50セント安の346.25セント。

 米農務省(USDA)発表の需給報告で17/18年度のイールドが引き上げられ、
これに伴い生産量予測が上方修正されたことが売りを呼んだ。事前には17/18年度
のコーン生産量予測は引き下げられるとの予測が優勢だったこともあり、今回の生産量
予測の上方修正は市場にとって弱気のサプライズとなり、中心限月の3月限は一代の安
値まで値を落とす場面も見られた。
                                 (みんかぶ)