経済ニュース速報 RSS

ドル円は107円台前半、ユーロドルは1.23台半ばでの取引

2018年02月14日(水)21時02分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後9時2分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       107.37 - 0.45 (- 0.42%) 107.90 / 106.84
ユーロ・ドル     1.2344 - 0.0008 (- 0.06%) 1.2392 / 1.2342
ポンド・ドル     1.3850 - 0.0044 (- 0.32%) 1.3921 / 1.3842
ドル・スイス     0.9340 - 0.0009 (- 0.10%) 0.9358 / 0.9307
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 米東部時間午前7時02分のドル円は、107円台前半での取引。東京午後には一時
106.84レベルまで安値を広げたが、その後は反発。ロンドン序盤には107.5
0付近まで買い戻されている。米株先物や欧州株が全般に堅調に推移しており、円買い
圧力は一服。米債利回りが前日比プラスに転じる動きがドル買いに作用した面も。NY
市場では米小売売上高と米消費者物価指数の発表を控えており、次第に指標待ちのムー
ドとなっている。

 ユーロドルは1.23台半ばでの取引。ロンドンに入り、米債利回りの上昇とともに
ドル買いが優勢になっている。ユーロドルは東京午後に1.2392レベルの高値をつ
けたあとは、売りが継続。足元では1.2343レベルに本日の安値を更新しており、
東京午前の上昇を消した。ユーロ円はロンドン序盤は円売りが優勢だったが、133円
台には乗せ切れず、その後は132円台半ばへと再び下押し。ドイツとユーロ圏のGD
Pは予想通りの結果、ユーロ圏鉱工業生産は予想を上回る伸びとなったが、ユーロ相場
は反応薄だった。

 ポンドドルは1.38台半ばでの取引。ロンドン市場では売りが優勢。1.39台を
割り込むと安値を1.3842レベルまで広げている。ポンド円は148円台後半から
149円台前半に反発して取引を開始したが、上値が重く再び148円台後半に下げて
いる。英中銀の2月調査報告で、不動産市場の弱さが指摘されたほか、ジョンソン英外
相が、EU離脱に向けて結束を求める演説を行ったことがポンド売りに拍車をかけたも
よう。
                                 (みんかぶ)