経済ニュース速報 RSS

NY外為引け間際=ドル円は106円台に下落

2018年02月15日(木)06時14分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本時間午前6時12分現在での主要通貨は以下の通り。
           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円  106.99 - 0.83 (- 0.77%) 107.90 / 106.72
ユーロ・ドル 1.2462 + 0.0110 (+ 0.89%) 1.2465 / 1.2276
ポンド・ドル 1.4011 + 0.0117 (+ 0.84%) 1.4017 / 1.3800
ドル・スイス 0.9294 - 0.0055 (- 0.59%) 0.9375 / 0.9285
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 日本時間午前6時過ぎのドル円は106.99円。きょうのNY為替市場はドル売り
が強まり、ドル円は再び106円台に下落した。この日の最大の注目は米消費者物価指
数(CPI)だったが、コア指数が前年比1.8%と予想を上回る内容となった。発表
直後はドル買いの反応も見られ、米国債利回りも上昇するなど、このところ強まってい
る米インフレ警戒を後押しする内容となった。
 しかし、それを受けて始まった米株式市場が、寄り付きこそ売りが先行したものの、
売り一巡後は急速に下げ渋る動きを見せ、ダウ、ナスダックともプラス圏に浮上してい
る。ダウ平均は一時285ドル高まで上昇。
 ただ、為替市場は年初からの流れに戻そうとしているのか、反応はドル売りとなっ
た。
(みんかぶ)