経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=続伸、ドル安が支援

2018年11月17日(土)05時07分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 18/12 1223.0 + 8.0 プラチナ   19/ 1 846.6 + 1.3
19/ 2 1229.0 + 7.9       19/ 4 851.0 + 1.3
銀 18/12 1438.2 +  11.9 パラジウム 18/12 1154.60 + 17.20
  19/ 3 1450.9 +  12.3       19/ 3 1149.40 + 18.20
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は続伸。終値の前日比は、金が7.3〜8.0ドル高、中心限月
の12月限が8.0ドル高、銀が11.5〜12.1セント高、中心限月の12月限が
11.9セント高。
 金12月限は続伸。時間外取引で、ユーロの押し目が買われたことを受けて堅調と
なった。日中取引では、クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長の発言などを受け
てドル安に振れたことが支援要因となった。
 銀12月限は、ドル安を受けて堅調となった。
 プラチナ系貴金属(PGM)は、続伸。前日比は、プラチナが1.3〜1.4ドル
高、中心限月の1月限が1.3ドル高、パラジウムが17.20〜18.20ドル高、
中心限月の12月限は17.20ドル高。
 プラチナ1月限は、時間外取引でユーロ高となったが、株安懸念も残り、もみ合いと
なった。日中取引では、ドル安を受けて堅調となった。
 パラジウム12月限は、ドル安や株高を受けて一代高値1168.30ドルを付け
た。
(ミンカブ)