経済ニュース速報 RSS

NY原油引け速報=反発、OPECの減産継続見通しで年初来高値を更新

2019年03月19日(火)05時20分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューヨーク原油(NYMEX)
                      帳入値  前日比
    原油     2019/04 59.09 + 0.57
        2019/05 59.38 + 0.56
        2019/06 59.65 + 0.53
                     帳入値  前日比
ヒーティングオイル 2019/04 196.90 + 0.13
2019/05 197.25 + 0.15
改質ガソリン 2019/04 188.28 + 2.51
2019/05 186.63 + 2.09
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク原油の期近は反発。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が
0.56〜0.57ドル高。その他の限月は0.08〜0.53ドル高。
 アゼルバイジャンのバクーで会合を行った石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非O
PEC加盟国が来月の臨時総会を取りやめ、6月の総会で減産の延長についての判断を
決定すると発表したことが手がかり。4月の総会では減産を点検する予定だった。トラ
ンプ米大統領はOPECなどの行動をけん制し、原油高を抑制しようとしているもの
の、サウジやロシアを中心とした産油国は従来の予定通り減産を継続する。

 改質ガソリンの期近は続伸。ヒーティングオイルは反発した。原油高が手がかり。
(ミンカブ)