経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆、コーンは総じて反落、弱気な輸出で売り優勢

2019年03月19日(火)05時36分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2019/05 905.75 ‐ 3.50
2019/07 919.25 - 3.75
 コーン       2019/05 371.50 - 1.75
2019/07 380.75 - 1.50
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆、コーンは総じて反落、弱気な輸出で売り優勢。

 大豆は総じて反落。終値の前営業日比は4.25〜1.75セント安。中心限月の5
月限は3.50セント安の906.75セント。

 米農務省(USDA)発表の輸出検証高が前週を下回ったことが弱材料視された。序
盤には前週末の高値を上回る場面も見られたが、米中貿易協議において中国による米国
産農産物の大量購入について米政府関係者からたびたび言及されているにもかかわら
ず、大豆の輸出は伸び悩んでいることが失望売りを呼んだ。

 コーンは期近の主要限月が反落。終値の前営業日比は、1.75セント安〜0.25
セント高。中心限月の5月限は1.75セント安の371.50セント。

 米中西部の土壌水分過剰とこれに伴う作付遅れ懸念を手掛かりにした買いが見られて
序盤は堅調で運ばれたが、今春の作付拡大見通しが重石となったことに加え、USDA
発表の輸出検証高の弱気な内容を受けて終盤にかけて売り優勢となった。ただ370セ
ント割れには抵抗を見せるなど、底意の強さも窺わせた。

(ミンカブ)