経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=総じて続伸、米FRBの利下げ観測が支援

2019年06月13日(木)05時05分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 19/ 8 1336.8 + 5.6 プラチナ  19/ 7 810.5 - 3.8
19/12 1348.2 + 5.5       19/10 815.8 - 4.0
銀 19/ 7 1475.3 + 1.3 パラジウム 19/ 9 1405.60 + 16.40
  19/ 9 1482.7 + 1.2       19/12 1399.80 + 16.20
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は続伸。終値の前日比は、金が4.8〜5.6ドル高、中心限月
の8月限が5.6ドル高、銀が0.1〜1.6セント高、中心限月の7月限が1.3セ
ント高。
 金8月限は続伸。時間外取引では、米中の通商協議に対する懸念などを受けて堅調と
なったが、欧州時間のユーロ高一服を受けて上げ一服となった。日中取引では、利食い
売りが圧迫要因となったが、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測などを受けて押
し目を買われた。
 銀7月限は、金堅調につれ高となったが、ユーロ安に上値を抑えられた。
 プラチナ系貴金属(PGM)はプラチナが反落、パラジウムは続伸。前日比は、プラ
チナが4.4〜1.9ドル安、中心限月の7月限が3.8ドル安、パラジウムが
15.80〜16.40ドル高、中心限月の9月限は16.40ドル高。
 プラチナ7月限は反落。時間外取引では、金堅調につれ高となったが、欧州時間に入
ると、ユーロ高一服を受けて上げ一服となった。日中取引では、米連邦準備理事会(F
RB)の利下げ観測が下支えとなったが、ドル高や株安を受けて戻りを売られた。
 パラジウム9月限は、続伸。ロジウム堅調などを背景に買い優勢となり、4月29日
以来の高値1409.20ドルを付けた。
(ミンカブ)