経済ニュース速報 RSS

東京外為終盤=午後のドル円は安値圏もみ合い

2022年05月18日(水)15時20分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後3時2分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       129.10 - 0.28 (- 0.22%) 129.54 / 128.95
ユーロ・円      136.01 - 0.52 (- 0.38%) 136.67 / 135.77
ユーロ・ドル     1.0536 - 0.0014 (- 0.13%) 1.0564 / 1.0525
日経平均株価     26911.20 + 251.45 (+ 0.94%) 27053.18 / 26741.34
(注)日経平均株価は前日比
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 東京外為市場終盤のドル円は129円10銭前後での推移。朝方前日までのリスク警
戒感後退の流れもあって129円台半ば超えを付けたドル円であるが、中国の住宅指標
が弱く出たことなどもあってリスク警戒の動きが広がり、昼過ぎには129円を割り込
むところまで売りが出る流れに。その後は下げ止まりを見せたものの、戻りは鈍く12
9円20銭超えでは売りが出る展開に。
 ユーロドルは1.0530台での推移。前日の海外市場でオランダ中銀総裁発言など
に大きく買いが入ったユーロドルは、朝方前日流れを引き継ぐ形で高値を更新し1.0
560台まで。しかし、リスク警戒の動きがユーロ円の売りとなったことなどからその
後は調整が入り午後は1.05台前半での推移に。136円60銭台まで上値を伸ばし
ていたユーロ円はドル円同様にリスク警戒の円買いに昼過ぎに135円80銭前後を付
ける動き。その後は少し調整が入り136円台を回復。
 中国の住宅指標が弱く出たことに加え、豪州の第1四半期賃金指数が弱く出たことで
午前中は売りが目立った豪ドルは昼過ぎに対ドルで0.7000割れを付ける動き。そ
の後は買い戻しが強まり0.7030前後での推移に。
 日経平均は4日続伸。終値は前営業日比251.45円高の2万6911.20円と
なった。
 午後3時2分現在では、ドル円は1ドル=129.10円前後、ユーロ円は1ユーロ
=136.01円近辺、ユーロドルは1ユーロ=1.0536ドル前後で取引されてい
る。
MINKABU PRESS