経済ニュース速報 RSS

東京株式(大引け)=251円高、欧米株全面高で一時2万7000円台回復

2022年05月18日(水)15時55分

 18日の東京株式市場はリスクオンの流れが継続、日経平均株価は上値指向を継続し
た。一時2万7000円台を回復する場面もあった。
 大引けの日経平均株価は前営業日比251円45銭高の2万6911円20銭と4日
続伸。プライム市場の売買高概算は12億6716万株、売買代金概算は2兆9698
億円。値上がり銘柄数は1137、対して値下がり銘柄数は646、変わらずは54銘
柄だった。
 きょうの東京市場は、前日の欧米株市場が全面高の様相をみせたことで、リスク選好
の地合いとなった。米国では4月の小売売上高が事前予測を上回り、経済減速への懸念
が後退し、消費関連株の一角に物色の矛先が向いた。また半導体セクターへの買い戻し
が顕著で、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も大幅上昇したことから、東
京市場でも同関連株に買いが入り全体指数の上昇に貢献した。日経平均は一時400円
近く水準を切り上げ、2万7000円台を上回って推移する場面もあったが、その後は
戻り売りを浴び上げ幅を縮小した。米株価指数先物がやや軟調に推移していたことも、
利食い急ぎの動きを誘発したとみられる。プライム市場の売買代金は前日に続き3兆円
台には届かなかった。
 個別では、売買代金トップとなったレーザーテック<6920>が堅調だったほか、東京
エレクトロン<8035>など半導体製造装置関連が買いを集めた。任天堂<7974>は20
00円を超える上昇。ソニーグループ<6758>が堅調、ルネサスエレクトロニクス<
6723>も買われた。三井松島ホールディングス<1518>が商いを伴い値を飛ばし、日本
コークス工業<3315>も急伸。日医工<4541>が連日ストップ高を演じ、キトー<6409
>も値幅制限上限まで買われた。日本農薬<4997>、IMAGICA GROUP<
6879>も大幅高。
 半面、ファーストリテイリング<9983>が冴えず、INPEX<1605>もやや売りに
押された。ダイキン工業<6367>が軟調、セブン&アイ・ホールディングス<3382>も
値を下げた。クロス・マーケティンググループ<3675>、フェイス<4295>などが大き
く売られ、レオパレス21<8848>も安い。ツバキ・ナカシマ<6464>、ユーグレナ<
2931>なども下落した。
出所:MINKABU PRESS