経済ニュース速報 RSS

NY原油引け速報=反発、足元の需給ひっ迫感やガソリン・欧米の株高が支援

2022年06月25日(土)05時27分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューヨーク原油(NYMEX)
                      帳入値  前日比
    原油     2022/08 107.62 + 3.35
        2022/09 104.45 + 2.87
        2022/10 101.47 + 2.42
                     帳入値  前日比
ヒーティングオイル 2022/07 436.29 + 2.50
2022/08 424.48 + 2.78
改質ガソリン 2022/07 388.48 +11.92
2022/08 378.17 +12.07
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク原油は反発。終値の前営業日比(速報値)は期近2限月が3.35〜
2.87ドル安、その他の限月は1.58〜2.42ドル高。

 時間外取引から買い優勢となった。来年、米国が景気後退(リセッション)に陥ると
の見方が増えるなど、世界経済への不安から需要減少が警戒されるが、足元の需給ひっ
迫感を背景に期近から上昇。ガソリン先物価格の上昇や欧米の株高にも支援され、日中
取引で上げ幅を拡大し、期近8月限は一時108ドル台まで上げ幅を拡大した。100
ドル割れの不安が後退したことでテクニカル面からも支援された。高値を離れ、108
ドル台は維持できなかったが、3ドルを超える上げ幅を維持して引けた。
 改質ガソリンとヒーティングオイルは反発。ガソリン中心に買い優勢となった。原油
高や欧米の株価堅調にも支援された。
MINKABU PRESS