経済ニュース速報 RSS

欧州外為中盤=ドル円は135円台前半、ユーロドルは1.04ドル台半ば

2022年07月01日(金)20時27分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後8時26分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       135.12 - 0.60 (- 0.44%) 135.99 / 134.75
ユーロ・ドル     1.0455 - 0.0029 (- 0.28%) 1.0486 / 1.0433
ポンド・ドル     1.2056 - 0.0122 (- 1.00%) 1.2182 / 1.2047
ドル・スイス     0.9598 + 0.0047 (+ 0.49%) 0.9613 / 0.9545
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 米東部時間午前7時26分のドル円は、135円台前半での取引。東京市場では13
6円手前まで買われたあとは売りが継続。ロンドン朝方には134.75レベルまで下
押しされた。しかし、欧州株の反発とともに135.70付近まで上昇。足元では再び
欧州株の上値が重くなり、135.05近辺へと軟化している。リスク動向をにらんで
神経質に振れている。米10年債利回りは2.93%台へと低下している。
 ユーロドルは1.04台半ばでの取引。前日海外市場では1.03台後半から1.0
4台後半へと上昇したが、今日は上値重く推移。東京市場でじり安となったあと、ロン
ドン序盤には1.0433近辺まで下押しされた。その後は1.0475近辺まで一時
反発。足元ではレンジ内で揉み合っている。ユーロ円は142円台前半から140.8
3近辺まで下押しされた後、ロンドン時間には141.90付近まで反発。その後は再
び141.20台に軟化と上下動。対ポンドでは買われており、ユーロの下げは限定
的。
 ポンドドルは1.20台半ばでの取引。東京市場からじり安となったあと、ロンドン
時間に入ると一段安。1.21台割れから1.2049近辺まで下落している。ポンド
円も軟調で、ロンドン時間には164円台前半で上値を抑えられると、163円台割れ
へと下押しされている。ユーロポンドは0.86台前半から0.86台後半へと上昇。
全般にポンド売り圧力が優勢になっている。英製造業PMI確報値の下方修正や、消費
者信用残高の縮小など、英経済状況は悪化している。市場では英中銀の利上げ停止への
思惑もでてきているもよう。
MINKABU PRESS