経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=総じて下落、ドル高が圧迫も安値から戻す

2019年06月27日(木)05時03分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 19/ 8 1415.4 - 3.3 プラチナ  19/ 7 816.6 + 6.8
19/12 1426.8 - 3.3       19/10 822.0 + 7.5
銀 19/ 7 1529.4 - 0.6 パラジウム 19/ 9 1525.70 - 6.80
  19/ 9 1537.5 - 0.8       19/12 1521.10 - 6.80
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金は反落、銀は続落。終値の前日比は、金が4.3〜3.2ドル安、中
心限月の8月限が3.3ドル安、銀が1.3〜0.6セント安、中心限月の9月限が
0.8セント安。
 金8月限は反落。時間外取引では、米連邦準備理事会(FRB)の大幅利下げが否定
され、ドル高に振れたことを受けて軟調となった。欧州時間に入ると、米中首脳会談に
対する期待感も圧迫要因になった。日中取引では、米大統領が中国製品に対する関税発
動の可能性を示したことが下支えとなった。
 銀9月限は、ドル高を受けて軟調に推移したが、金の下げ一服が下支えとなった。
 プラチナ系貴金属(PGM)はプラチナが反発、パラジウムは反落。前日比は、プラ
チナが変わらず〜8.4ドル高、中心限月の10月限が7.5ドル高、パラジウムが
7.50ドル安〜変わらず、中心限月の9月限は6.80ドル安。
 プラチナ10月限は反発。時間外取引では、ドル高を受けて軟調となった。日中取引
では、金の下げ一服をきっかけに買い戻しなどが入って地合いを引き締めた。
 パラジウム9月限は、ドル高を受けて軟調となったが、押し目は買われた。
(ミンカブ)