1. IRホーム
  2. 社会貢献活動
  3. ベトナムにおける学校建設プロジェクト
ベトナムにおける学校建設プロジェクト

プロジェクトの背景・概要

プランは、ベトナム戦争の影響で1975年にベトナムでの活動を停止した後、1993年から北部のナムハ県において活動を再開しました。 現在は北部と中部の合計10の活動地域で、政府が推進する貧困削減戦略に基づき、保険医療・教育・生計・居住環境・子どもの権利の5つの分野での活動に取り組んでいます。


  ベトナム 日本
人口 8,785万人 12,654万人
5歳未満児死亡率(1,000人当たり) 23人 3人
改善された水源を利用する人の比率(%) 94 100
1人当たりのGNI(国民総所得)(米ドル) 1,100 42,150
1日1.25米ドル未満で暮らす人の比率(%) 13
小学校の就学率(%)(ユニセフ世界子ども白書2011より) 90 100
小学校に入学した生徒が最終学年まで残る率(%) 98 100
出生時の平均余命(年) 75 83
(「ユニセフ世界子共白書2012」より)

1,047世帯4,756人の人々が暮らすソンドン県ドゥオン・フー コミューンは、住民の6割近くが少数民族で、県内でも貧しい地域の一つに挙げられます。同コミューンには、中央小学校が1校と分校が7校あり、分校の一つであるドン・リエウ村にある小学校には、幼稚園児27人と1年生から4年生までの小学生児童48人が通学しています。
同校には4教室ありますが、そのうちの2教室は以前倉庫として使われていた古い建物で、午前に幼稚園児が、午後には1年生と2年生が授業を受けています。
しかし、建物は老朽化が進み、雨漏りや隙間風にさらされるだけでなく、教室には扇風機がないため、夏には子どもたちは蒸し風呂のように暑い教室で授業を受けなければならないなど、子どもたちにとって適切な学習環境ではありませんでした。
学校管理委員会と地方自治体は建物を修繕することも検討しましたが、修繕するだけでは根本的な解決にならないうえに、よりコストがかかってしまうため、新しい教室を建設することを決定したものの、予算不足から建設する目処が立っていませんでした。

本プロジェクトでは、前述のような状況を改善するために、照明、扇風機を完備した2教室からなる校舎1棟の建設、および学校の周囲へのフェンスの設置を実施しました。

学校建設完成

 

学校周囲にフェンスを設置したことにより、学校の安全性が確保されました。

■子どもたちの学習環境の改善
本プロジェクト実施中に、ドン・リエウ村の小学校に通う幼稚園児童は35人、1年生~4年生の小学生児童は49人に増えました。本プロジェクトの実施により、同校の児童84人は安全で子どもにやさしい校舎で授業を受けられるようになりました。通学に対する子どもたちの関心が増すとともに、学習環境が整備されたことで、子どもたちの学習意欲が高まりました。また、9月から始まる新年度から、教師たちは、子どもたちを主体的に学習に取り組ませるための指導法を取り入れ、広々とした教室で授業を行う予定です。これにより、子どもたちの授業の理解度が高まることが期待されています。

■住民参加による、地域の能力強化
プロジェクトの実施期間中、子どもたちを含む地域の人々、学校関係者、自治体の各担当者などプロジェクトに関わるすべての人々が良好な協力関係を築き、うまく役割分担をしながらプロジェクトに積極的に参加しました。その結果、地域の人々自身が責任を持って、プロジェクトによる成果を継続させていく体制が整いました。

現地の声

 

「私のクラスには、女の子2人と男の子5人の計7人の生徒がいます。学級委員の仕事をこなすのは、私にとって大仕事でしたが、学級委員を引き受けたことによりたくさんのことを学ぶことができました。 清潔できれいな教室をとても気に入っています。早く新しい教室で勉強したいです」
(ロック/小学校3年生の女子児童、2011年度最優秀児童賞を受賞)

「ヒロセ通商株式会社様からのご支援により、子どもたちが安心して学べる頑丈で安全な校舎が完成しました。こんな素敵な教室で教えることができるなんて、教師冥利に尽きます」
(グエン・チー・ダン/小学校1年生担任教師)

「このプロジェクトに関わって、多くの事を学ぶことができました。見積もりを集める作業は、最も重要であることが分かりました。例えば、複数の業者から見積もりを取れば、適正な価格で資材を購入することができるようになります。これまで、住民参加型の手法を経験したことがなかったので、最初は大変戸惑い、自分に務まるか不安でしたが、プロジェクトが終わった今、とても満足しています。プランが進める子どもを主体にした活動は、素晴らしいと思います。弱い立場に置かれた子どもたちのために、これからも機会があれば活動に参加したいです」
(ホーン・バン・ドン/プロジェクト実施委員会メンバー)

ベトナム学校訪問(2015年12月)

教室の外で写真撮影です。仲良く並んでくれました。

 

子どもたちにTシャツを配布中です。

 

教室の風景。いつもとちがう空気を感じ楽しそうです。

 

LION FX Tシャツを着てやさしい微笑みをくれました。

 

LION FX Tシャツに着替えてくれています。

 

すこしはずかしそうにはにかんでいる子もいました。

 

仲良くカッコイイポーズをきめてくれました。

ベトナム学校訪記念にみんなでLION FX Tシャツを着て集合写真を撮りました。


※写真提供:プラン・ジャパン

学校建設プロジェクト

当社は、2016年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査におきまして新興市場ランキング優良企業ホームページに選ばれました。

  • PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
    お持ちでない場合は、こちらからダウンロードページしてください。

免責事項

IR情報のご利用にあたって
本ホームページの掲載情報は、当社の財務情報、経営指標等の提供を目的としておりますが、内容についていかなる表明・保証を行うものではありません。また、本ホームページへの情報の掲載は、投資勧誘を目的にしたものではありません。投資に関するご決定は、皆さまご自身の判断で行うようお願いいたします。
掲載情報に関して
本ホームページの掲載情報につきましては、当社は細心の注意を払っておりますが、掲載された情報に誤った情報があった場合や、第三者によるデータの改ざん、データダウンロード等によって障害等が生じた場合において、当社は、事由の如何を問わず一切の責任を負うものではありません。
将来の見通しについて
本ホームページの掲載情報の一部には、将来の業績に関する記述が含まれています。こうした記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。将来の業績は環境の変化等により、実際の結果と異なる可能性があることにご留意ください。
本ホームページの運用に関して
当社は予告なしに本ホームページの掲載情報の変更、運営の中断または中止させていただくことがあります。これらによって生じた如何なるトラブル・損失・損害に対しても、当社は、事由の如何を問わず一切の責任を負うものではありません。なお、本ホームページの掲載情報に関する著作権は当社に帰属いたします。