経済ニュース速報 RSS

ドル円は107円近辺、ユーロドルは1.23台後半での取引

2018年04月17日(火)20時49分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後8時48分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       107.05 - 0.07 (- 0.07%) 107.16 / 106.88
ユーロ・ドル     1.2378 - 0.0002 (- 0.02%) 1.2414 / 1.2362
ポンド・ドル     1.4345 + 0.0006 (+ 0.04%) 1.4377 / 1.4306
ドル・スイス     0.9619 + 0.0019 (+ 0.20%) 0.9627 / 0.9581
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 米東部時間午前7時48分のドル円は、107円近辺での取引。序盤に106.88
レベルまで下押しされたが、すぐに107円台に戻すなど底堅い値動き。欧州株や米株
先物が上昇しており、リスク動向は落ち着いている。ただ、日米首脳会談を控えて、上
値を積極的に買うムードにはなっていない。
 ユーロドルは1.23台後半での取引。序盤に1.2414レベルと3月28日以来
の高値水準をつけたあとは売りが優勢になっている。4月の独ZEW景況感指数がマイ
ナス8.2に落ち込んでおり、一時1.2362レベルまで安値を広げた。ユーロ円も
132.77レベルの高値をつけたあとに132.35レベルの安値を付ける振幅相
場。
 ポンドドルは1.43台前半での取引。序盤は1.4377レベルと英国民投票以降
の戻り高値をつけたが、その後は売りに押される。12月−2月の賃金の伸びが予想に
届かなかったことが売りを誘い、一時1.4306レベルまで下落した。ただ、足元で
は再び買いが優勢になっている。ポンド円は153.76レベルまで買われたあと、1
53.16レベルまで下落。153円での神経質な上下動となった。

                                 (みんかぶ)