経済ニュース速報 RSS

欧州外為序盤=ドル売りが優勢、ドル円は一時110円割れに

2018年06月14日(木)17時44分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後5時42分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       110.00 - 0.34 (- 0.31%) 110.38 / 109.92
ユーロ・ドル     1.1825 + 0.0034 (+ 0.29%) 1.1825 / 1.1789
ポンド・ドル     1.3436 + 0.0060 (+ 0.45%) 1.3440 / 1.3370
ドル・スイス     0.9828 - 0.0027 (- 0.27%) 0.9869 / 0.9826
ドル・カナダ     1.2962 - 0.0025 (- 0.19%) 1.2992 / 1.2962
豪ドル・ドル     0.7564 - 0.0014 (- 0.18%) 0.7583 / 0.7547
NZドル・ドル    0.7040 + 0.0016 (+ 0.23%) 0.7042 / 0.7016
ユーロ・円      130.08 - 0.03 (- 0.02%) 130.17 / 129.82
ポンド・円      147.79 + 0.20 (+ 0.13%) 147.85 / 147.25
スイス・円      111.92 - 0.04 (- 0.04%) 112.07 / 111.72
カナダ・円      84.87 - 0.10 (- 0.12%) 85.03 / 84.69
豪ドル・円      83.21 - 0.41 (- 0.49%) 83.65 / 83.00
NZドル・円     77.45 - 0.06 (- 0.07%) 77.55 / 77.30
ユーロ・ポンド    0.8801 - 0.0016 (- 0.18%) 0.8821 / 0.8795
ユーロ・スイス    1.1622 + 0.0003 (+ 0.02%) 1.1627 / 1.1610
ポンド・スイス    1.3205 + 0.0023 (+ 0.17%) 1.3212 / 1.3169
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 欧州外為市場序盤は、ドル売りが優勢。前日の米FOMC会合は予想通りのタカ派の
結果だったが、市場にはドル買いに一巡感がでた。米国が金曜日にも中国に対して輸入
関税を適用するとの報道がリスク警戒を広げた面もあり、米債利回りが低下している。
ドル円は110円ちょうど近辺、ユーロドルは1.18ドル台前半、ユーロ円は130
円ちょうど近辺で推移している。

 ドル円は110円ちょうど近辺で取引されている。序盤に米債利回り低下とともに1
09.92レベルまで下落。米FOMCでのタカ派の内容や米中貿易摩擦への警戒感、
ECB理事会を控えた調整などで欧州株が下落しており、ドル円の上値は重い。

 ユーロドルは1.18ドル台前半で取引されている。欧州株は軟調だが、このあとの
ECB理事会での出口に向けた動きが期待され、ユーロ買い圧力が優勢。ユーロ円は1
29円台後半から130円台乗せ水準で下に往って来い。方向性は定まらない。
 ポンドは堅調。5月の英小売売上高が予想を上回る伸びを示したことで買われてい
る。ポンドドルは1.3405−10レベルから一時1.3440レベルまで上昇。ポ
ンド円は147.50近辺から147.85近辺まで買われた。いずれも本日の高値を
更新。

 東京時間午後5時42分現在では、ドル円は1ドル=110.00円前後、ユーロド
ルは1ユーロ=1.1825ドル近辺、ユーロ円は1ユーロ=130.08円前後で取
引されている。

(みんかぶ)