経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=反発、予想以下の米CPIなどで

2018年07月13日(金)05時12分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 18/ 8 1246.6 + 2.2 プラチナ  18/10 846.4 + 11.4
18/12 1257.5 + 1.9       19/ 1 850.9 + 11.6
銀 18/ 9 1597.7 + 16.0 パラジウム 18/ 9 948.80 + 11.80
  18/12 1609.4 + 16.1       18/12 945.20 + 11.90
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は反発。終値の前日比は、金が1.7〜2.2ドル高、中心限月
の8月限が2.2ドル高、銀が16.0〜16.6セント高、中心限月の9月限が
16.0セント高。
 金8月限は反発。時間外取引ではユーロの底堅い値動きが下支えとなったが、欧州時
間に入ると、ユーロの戻りが売られたことに上値を抑えられた。日中取引では、米消費
者物価指数(CPI)が前月比で予想以下となったことなどを受けて地合いを引き締め
た。
 銀9月限は反発。予想以下の米CPIや株高などを受けて堅調となった。
 プラチナ系貴金属(PGM)は、反発。前日比は、プラチナが11.3〜11.7ド
ル高、中心限月の10月限が11.4ドル高、パラジウムが11.80〜11.90ド
ル高、中心限月の9月限は11.80ドル高。
 プラチナ10月限は反発。時間外取引では3日以来の安値829.1ドルを付けたの
ち、ユーロの底堅い値動きを受けて下げ一服となった。日中取引では予想以下の米消費
者物価指数(CPI)や株高を受けて堅調となった。
 パラジウム9月限は、他の貴金属の上昇や株高を受けて反発した。
(みんかぶ)