経済ニュース速報 RSS

NY原油引け速報=小幅続落、供給懸念の後退や米中貿易戦争の警戒感で

2018年07月13日(金)05時14分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューヨーク原油(NYMEX)
                      帳入値  前日比
    原油     2018/08 70.33 - 0.05
        2018/09 69.35 + 0.49
        2018/10 68.07 + 0.97
                     帳入値  前日比
ヒーティングオイル 2018/08 212.31 + 2.23
2018/09 212.80 + 2.16
改質ガソリン 2018/08 207.17 + 1.03
2018/09 204.68 + 0.92
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク原油の当限は小幅続落。終値の前営業日比は、期近2限月が0.05ド
ル安〜0.49ドル高。その他の限月は0.75〜1.28ドル高。
 リビア東部の輸出港から出荷が再開される見通しとなったことが供給ひっ迫懸念を後
退させたほか、米中貿易戦争が激化していることが引き続き重しとなった。ただ、国際
エネルギー機関(IEA)が月報で、ベネズエラなどの減産を背景に石油輸出国機構
(OPEC)が生産能力を使い切る可能性があり、原油価格の上昇に対して無防備な状
況に置かれることが価格を押し上げると指摘したことが下値を支えた。
 改質ガソリンとヒーティングオイルは反発。前日に大幅安となった反動が現れた。た
だ、IEAが価格上昇による需要の減速を見通していることが上値を抑えた。
(みんかぶ)