経済ニュース速報 RSS

NY外国為替後半=セグロー発言で買戻しも

2018年08月11日(土)05時02分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本時間午前5時1分現在での主要通貨は以下の通り。
           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円  110.80 - 0.28 (- 0.25%) 111.17 / 110.51
ユーロ・ドル 1.1403 - 0.0124 (- 1.08%) 1.1536 / 1.1388
ポンド・ドル 1.2767 - 0.0057 (- 0.44%) 1.2837 / 1.2723
ドル・スイス 0.9955 + 0.0019 (+ 0.19%) 0.9975 / 0.9926
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 日本時間午前5時1分現在のドル円は1ドル=110.80円。NY時間の終盤に
なってドル円に買い戻しが入っており、一時111円台まで急速に戻す場面も見られ
た。トルコリラに買戻しが入っていることが円売りを誘った模様。大統領の弁護士であ
るセクロー氏がラジオインタビューで、米国人牧師の拘束問題が解決に近づいていると
発言したことが材料視されていたようだ。
 ただ、きょうのNY為替市場はリスク回避の雰囲気が強まり、ドル高・円高の動きが
優勢となった。トルコリラの急落が止まらず、対ドルで前日比23%まで一時急落し
た。トランプ大統領が「トルコリラが急落しており、トルコの鉄鋼とアルミニウムに対
する関税を倍に引き上げることを承認した」とツイッターに投稿した。アルミは2
0%、鉄鋼は50%となる。追い討ちをかけるようなトランプ大統領の姿勢に更に市場
は懸念を強めている。
 この日発表の米消費者物価指数(CPI)でコア指数が予想を上回ったことから、ド
ル円は一旦111円台に戻していたものの、NY時間に入って再び下値模索となってお
り110円台に下落。一時110.50円近辺まで下落していた。ユーロ円が大幅に下
落しており、ドル円を圧迫していたようだ。200日線が110円ちょうど付近に来て
おり来週以降、試しに行くか警戒される動きではある。
 きょうはユーロの売りが目立ち、ユーロドルは1.13ドル台まで一時下落してい
る。英FT紙がECBがユーロ圏の金融機関によるトルコへのエクスポージャーを懸念
していると伝えたことがユーロ売りを加速させていたようだ。モメンタム系の売りが活
発に出てるとの指摘も聞かれた。きょうの大幅な下げでユーロドルは心理的節目の1.
15ドルを割り込み、6月以降続いていたレンジ下限をブレイクしている。チャートは
三尊天井を形成しており、テクニカル的に下向きのサインが強まっているものと見られ
る。
 一方、ユーロ円も126円ちょうど付近まで下落しており6月安値を下回ってきてい
る。こちらもテクニカル的に下向きのサインが出ているものと見られる。
 ポンドも下落したものの買戻しも出ていた。特にポンド買いの材料は出ていないが、
対ユーロでの上昇がポンド買いを誘発している模様。きょうは第2四半期の英GDP速
報値が発表され、前期比+0.4%と第1四半期からの回復を示した。先月から発表に
なっている単月のGDPを見ると、6月は+0.1%と弱い伸びが示されている。サー
ビス業の伸びが予想外に横ばいだったことが影響したようだ。少し気がかりな内容では
あるが、先日利上げを実施した英中銀の見立て通りにファンダメンタルズは悪くない。
 しかし、ポンドの関心は政治動向に集中しており、合意なきEU離脱の可能性が囁か
れる中、ポンドは軟調な動きが続いている。ポンドドルは7日続落しており、もし、合
意なきEU離脱の警戒感が強まるようであれば、1.25ドル割れも視野に入る可能性
も出てきそうだ。
(みんかぶ)