経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は総じて暴落、コーンは期近中心に下落

2018年08月11日(土)05時20分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2018/08 846.00    -41.75
2018/11 861.75    -42.25
 コーン       2018/09 357.75    -11.50
2018/12 371.75    -11.00
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は総じて暴落。コーンは期近の主要限月を中心に下落。
 大豆は総じて暴落。終値の前営業日比は42.25〜29.00セント安。中心限月
の11月限は42.25セント安の861.75セント。

 米農務省(USDA)発表の需給報告で18/19年度の米国のイールドが大幅上方
修正となったことを受けて売りが加速化した。11月限は需給報告発表前は895セン
ト前後で推移していたが、需給報告の発表を受けて一気に870セントを割り込む水準
まで下落。その後も転売が続き引けにかけてじりじりと下げ幅を拡大した。860セン
ト台で取引を終えるのは7月23日以来。この日の下落で7月下旬以降の上げ幅を一気
に相殺した。
 コーンは期近の主要限月を中心に下落。終値の前営業日比は11.50セント安〜
1.75セント安。中心限月の12月限は11.00セント安の371.75セント。

 12月限は米コーンベルトでの高温乾燥に対する警戒感から底固く推移していたが、
USDAの需給報告におけるイールド並びに生産量の大幅上方修正を受けて売りが活発
化し一気に値位置を落とした。急落後に一時的に買い戻されながらも、引けにかけて売
りの手が続いたことから下値を探る足取りを継続。需給報告の発表以降、おおむね右肩
下がりの足取りとなり、7月25日以来の水準まで値を落として終えた。

(みんかぶ)