経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=総じて下落、ドル高や米中の通商リスクで

2018年09月15日(土)05時09分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 18/10 1196.2 - 6.6 プラチナ  18/10 798.6 - 4.7
18/12 1201.1 - 7.1       19/ 1 801.2 - 5.0
銀 18/12 1414.2 - 10.2 パラジウム 18/12 970.50 + 1.80
  19/ 3 1425.1 - 10.4       19/ 3 963.80 + 0.40
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は続落した。終値の前日比は、金が7.2〜6.6ドル安、中心
限月の12月限が7.1ドル安、銀が10.7〜9.3セント安、中心限月の12月限
が10.2セント安。
 金12月限は続落。時間外取引では、ユーロの底堅い値動きを受けて堅調となった
が、ユーロ高が一服すると、戻りを売られた。日中取引では、米国債利回りの上昇を受
けてドル高に振れたことが圧迫要因になった。またトランプ米大統領が中国への追加関
税措置を進めるよう指示し、通商問題に対する懸念も圧迫要因になった。
 銀9月限は続落。米国債の利回り上昇を受けてドル高に振れたことや、米中の通商問
題に対する懸念を受けて売り優勢となった。
 プラチナ系貴金属(PGM)は、プラチナが反落、パラジウムは続伸。前日比は、プ
ラチナが5.0〜4.6ドル安、中心限月の10月限が4.7ドル安、パラジウムが
0.40〜1.80ドル高、中心限月の12月限は1.80ドル高。
 プラチナ10月限は反落。時間外取引では、押し目を買われて堅調となったが、欧州
時間にユーロ高が一服すると、上げ一服となった。日中取引では、米国債の利回り上昇
を受けてドル高に振れたことや、米中の通商問題に対する懸念を受けて売り優勢となっ
た。
 パラジウム12月限は、供給ひっ迫に対する懸念を受けて堅調となったが、米中の通
商問題に対する懸念に上値を抑えられた。
(みんかぶ)