経済ニュース速報 RSS

NY外為引け間際=112円台前半まで一時下落

2018年12月07日(金)06時38分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本時間午前6時37分現在での主要通貨は以下の通り。
           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円  112.70 - 0.49 (- 0.43%) 113.21 / 112.24
ユーロ・ドル 1.1383 + 0.0039 (+ 0.34%) 1.1413 / 1.1321
ポンド・ドル 1.2787 + 0.0053 (+ 0.42%) 1.2812 / 1.2700
ドル・スイス 0.9930 - 0.0047 (- 0.47%) 0.9990 / 0.9895
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 日本時間午前6時過ぎのドル円は112.70円。きょうの為替市場はドル売りが強
まり、ドル円は112円台前半まで一時下落した。特段のドル売りを強める材料は見当
たらないが、米株がきょうも急落し、米国債利回りも下げが加速していたことがドル売
りを誘発したものと思われる。
 ドル円は強いサポートとなっていた112.50円水準をブレイクし下値警戒感を強
め、一時100日線が来ている112.25円付近まで下落する場面も見られた。この
日発表の経済指標はまちまちだったが、足元の指標は景気後退の兆候までは示していな
い。しかし、株安が止まらず、FRB幹部からも利上げに慎重な発言が相次ぐなか、市
場は先行きへの不安感を強めている模様。ただ、終盤には米株が急速に下げ渋ったこと
から、112.50円水準は維持されている。
(ミンカブ)