経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は堅調、コーンは期近の主要限月は揃って続伸

2019年04月16日(火)05時29分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2019/05 898.75 + 3.50
2019/07 912.50 + 3.75
 コーン       2019/05 362.75 + 1.75
2019/07  371.50 + 2.00
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は堅調、コーンは期近の主要限月は揃って続伸。
 大豆は堅調。終値の前営業日は1.25セント〜3.75セント高。中心限月の7月
限は3.75セント高の912.50セント。
 米コーンベルトでの気温低下と降雪が懸念されるなか、買い優勢で運ばれた。ただ、
コーンの作付が遅れれば大豆へと作付シフトが促されるとの観測が重石となって伸び悩
み、12日の高値を上抜くのがせいぜい。7月限は終値ベースで910セント台を記録
したが、引けにかけて急速に値位置を切り下げるなど頭の重さを窺わせる足取りとなっ
た。

 コーンは期近の主要限月は揃って続伸。期先限月も反発し総じて堅調だった。終値の
前営業日比は0.25セント〜2.00セント高。中心限月の7月限は2.00セント
高の371.50セント。

 米コーンベルトでの降雪を受けて作付遅延に対する懸念が強まったことが買いを支援
した。また、今週は気温の上昇が予測されているが、これで雪解け水が増加すれば土壌
水分過剰となり、さらに作付が遅れるリスクが高まっていることも強材料。7月限は4
月5日以来の高値まで上昇した後に転売に頭押されたが、370セント台を維持して取
引を終えた。

(ミンカブ)