経済ニュース速報 RSS

欧州外為中盤=ドル円は110円台前半、ユーロドルは1.11台後半

2019年05月22日(水)20時35分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後8時35分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       110.43 - 0.07 (- 0.06%) 110.63 / 110.36
ユーロ・ドル     1.1166 + 0.0005 (+ 0.04%) 1.1174 / 1.1149
ポンド・ドル     1.2653 - 0.0053 (- 0.42%) 1.2719 / 1.2641
ドル・スイス     1.0083 - 0.0028 (- 0.28%) 1.0120 / 1.0078
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 米東部時間午前7時35分のドル円は、110円台前半での取引。東京市場で軟調
だった流れを受けてロンドン序盤に安値を110.36レベルまで広げた。ポンド売り
の影響もみられた。しかし、欧州株が持ち直すとユーロ円などクロス円の反発とともに
下げ一服となっている。ただ、110.40台での取引に限定されている。このあとの
NY市場では米FOMC議事録が発表される。
 ユーロドルは1.11台後半での取引。序盤はポンド安とともに1.1149レベル
まで下押しされた。しかし、対ポンドでの買い圧力が下支えとなり1.1174レベル
まで反発。ユーロ円は123.06レベルまで下落したあとは、欧州株の持ち直しなど
で123.50近辺まで買い戻された。東京市場での下げを戻す動きにとどまってい
る。
 ポンドドルは1.26台半ばでの取引。売り圧力が強まり1.27台割れから1.2
641レベルまで下落。ポンド円は140円台を割り込んでおり、安値を139.58
レベルまで広げた。ユーロポンドは0.88台乗せから0.8830近辺へと上昇。
きょうは各報道機関からメイ英首相不信任に向けた動きが報じられており、ポンド安は
催促相場の面もあるようだ。また、きょうは一連の4月英物価指標が発表されている
が、コアCPI前年比は+1.8%と英中銀目標を下回っており、市場での利上げ観測
は後退している。また、英第2位の鉄鋼メーカー、ブリティッシュ・スチールが破産手
続きに入ったとの報道もあった。
(ミンカブ)