経済ニュース速報 RSS

NY原油引け速報=続落、米国とイランの対立に緊張緩和の兆候

2019年07月17日(水)05時28分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューヨーク原油(NYMEX)
                      帳入値  前日比
    原油     2019/08 57.62 - 1.96
        2019/09 57.74 - 1.94
        2019/10 57.71 - 1.93
                     帳入値  前日比
ヒーティングオイル 2019/08 190.49 - 4.67
2019/09 191.31 - 4.68
改質ガソリン 2019/08 189.18 - 3.85
2019/09 184.48 - 4.19
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク原油は続落。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が1.96〜
1.94ドル安。その他の限月は1.93〜0.80ドル安。
 米国とイランの対立が緩和する兆候がみられた。イランの弾道ミサイル開発につい
て、イランが協議する用意があると示唆したとポンペオ米国務長官が述べたほか、トラ
ンプ米大統領がイランと多くの進展があったと発言したことが背景。トランプ米大統領
は進展の内容については言及していない。ただ、イランは弾道ミサイルの開発プログラ
ムについて交渉可能ではないとしている。
 改質ガソリンとヒーティングオイルは続落。原油安が重しとなった。
(ミンカブ)