経済ニュース速報 RSS

東京外為序盤=ドル円は106円60銭近辺での推移

2019年08月14日(水)09時06分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午前9時4分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       106.57 - 0.17 (- 0.16%) 106.77 / 106.56
ユーロ・円      119.09 - 0.15 (- 0.13%) 119.29 / 119.08
ユーロ・ドル     1.1175 + 0.0004 (+ 0.04%) 1.1177 / 1.1171
日経平均株価     20692.07 + 236.63 (+ 1.16%) 20694.28 / 20631.12
(注)日経平均株価は前日比
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【場況】
 東京外為市場の序盤、ドル円は106円60銭近での推移となっている。昨日の海外
市場では、序盤はドル安円高が優勢となり月曜日の安値105円05銭に迫る105円
07銭を付ける場面が見られたが、米政府が9月1日から予定されている対中関税第4
弾について、一部の製品に対する実施を12月15日まで延期すると発表。トランプ大
統領が12日に中国と電話協議を行ったことを明らかにしたうえで、非常に生産的で
あったとしたこと、中国国営新華社通信が通商協議の両国代表である中国劉副首相と米
ライトハイザーUSTR代表・ムニューシン財務長官が、2週間以内に電話協議と報じ
たことなどを受けて、米中関係の改善期待が広がっている。
 ドル円は対中関税一部延期で一気にドル高円安が進んだ後はもみ合いに。106円3
0銭台まで押し目が入る場面も見られたが、NY夕方から東京朝にかけては106円台
後半での推移が続いている。
 月曜日、火曜日と105円ちょうど手前の買いに下値進行を止められたこともあり、
下値に一服感が出ている可能性。下がったところでは買いが出る流れも。
 ドル円同様にNY市場で一気に上昇したクロス円。ユーロ円は119円10銭近辺で
の推移、ポンド円は128円60銭近辺での推移と、最高値からは調整も高値圏でのも
み合いが続く展開に。
 日経平均は大幅反発。午前9時4分現在、前営業日比236.63円高の2万069
2.07円で推移している。
 日本時間の午前9時4分現在、ドル円は1ドル=106.57円近辺、ユーロ円は1
ユーロ=119.09円前後、ユーロドルは1ユーロ=1.1175ドル近辺で推移し
ている。

(ミンカブ)