経済ニュース速報 RSS

●きょうの欧米市場での注目材料

2019年09月19日(木)19時00分

 きょうの欧米市場の注目材料としては、英金融政策委員会(MPC)の結果や議事録
の発表がある。政策金利は現行の0.75%に据え置かれ、資産買い入れ枠も現行の4
350億ポンドに据え置かれることが確実視されており、議事録で次の金融政策変更の
方向性を占う手掛かりが示されるかどうかが焦点となっている。

 きょうはまた、9月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数も発表される。大方の
予想は10.5となっており、前月の16.8を下回り、2カ月続けて低下すると見込
まれている。

 きょうはさらに、8月の米景気先行指数や8月の米中古住宅販売件数も発表される。
8月の米景気先行指数は、大方の予想が前月比0.1%低下となっており、前月比では
2カ月ぶりに低下するとみられ、8月の米中古住宅販売件数は、大方の予想が年換算5
38万戸となっており、前月の同542万戸を下回り、2カ月ぶりに減少すると見込ま
れている。

(ミンカブ)