経済ニュース速報 RSS

欧州外為中盤=ドル円は107円台半ば、ユーロドルは1.10台前半

2019年10月10日(木)19時59分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後7時58分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       107.42 - 0.06 (- 0.06%) 107.77 / 107.04
ユーロ・ドル     1.1028 + 0.0057 (+ 0.52%) 1.1034 / 1.0971
ポンド・ドル     1.2245 + 0.0039 (+ 0.32%) 1.2266 / 1.2206
ドル・スイス     0.9926 - 0.0033 (- 0.33%) 0.9961 / 0.9914
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 米東部時間午前6時58分のドル円は、107円台半ばでの取引。東京朝方に107
円台で激しく振幅したが、東京午後には107円台半ばに落ち着いた。米中閣僚級通商
協議を控えて様子見ムードとなっている。ロンドン市場ではユーロドルの上昇など、ド
ル売り圧力が優勢だが、ドル円は10銭程度の小幅の下げにとどまっている。
 ユーロドルは1.10台前半での取引。ロンドン序盤に1.0980台から1.10
の大台を回復すると、その後も買われ続けている。足元では高値を1.1034レベル
まで伸ばした。9月20日以来のユーロ高・ドル安水準となっている。ユーロ円は堅
調。118.10付近での揉み合いを上放れると東京午前の高値を上回り、118.5
3レベルまで買われた。欧州株動向は不安定で特段のリスク選好ムードはみられていな
い。米中閣僚級通商協議の不確定材料を控えて、ポジション調整が入っているもよう。
8月のドイツ貿易・経常収支はいずれも前回から黒字幅が縮小したが、特段の反応はな
かった。
 ポンドドルは1.22台半ばでの取引。ユーロドルの上昇に連れて買われており、
1.2220近辺から1.2266レベルまで買われた。その後は1.2250近辺と
上昇は一服。ポンド円は131.30−50レベルでの揉み合いから一時131.75
レベルまで買われたが、その後は買いの勢いは落ち着いた。8月の英鉱工業生産は前月
比−0.6%と事前予想および前回の+0.1%から落ち込んだ。前年比は−1.8%
と事前予想−0.8%および前回の−1.1%(−0.8%から下方修正)を下回っ
た。一時ポンド売りの反応がみられたが、すぐに買い戻しが入っていた。カーニー英中
銀総裁は、基調的な成長ペースはやや緩んできている、英中銀はあらゆるブレグジット
の緊急事態に備えている、と述べた。
MINKABU PRESS