経済ニュース速報 RSS

NY外国為替後半=ポジション調整やや優勢に

2019年10月19日(土)03時10分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本時間午前3時10分現在での主要通貨は以下の通り。
           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円  108.48 - 0.18 (- 0.17%) 108.72 / 108.39
ユーロ・ドル 1.1160 + 0.0035 (+ 0.31%) 1.1163 / 1.1115
ポンド・ドル 1.2958 + 0.0067 (+ 0.52%) 1.2964 / 1.2840
ドル・スイス 0.9856 - 0.0024 (- 0.24%) 0.9891 / 0.9846
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 日本時間午前3時10分現在のドル円は1ドル=108.48円。NY時間に入って
ドル円はやや頭の重い展開となっている。東京、ロンドンと下値を支えた108円台半
ばを割り込み、一時108円39銭を付ける動きに。
 目立った新規材料が出たというよりも、週末を前にポジション調整の動きが強まった
格好。明日の英議会でのEU離脱合意案採決や、米中通商問題・トルコのシリア進攻問
題などを受け、政治状況の先行き不透明感に週末超えのポジション維持を手控えた面
も。
 朝から小幅安で始まったダウ平均が下げ幅を広げるなど株安の流れもあり、若干円高
の動きも、ユーロドルでのユーロ買いドル売りが目立っており、基本的にはドル安主導
でのドル円の下げに。109円手前が重くなる中、短期筋がいったん利益確定に回った
か。
 ポンドはもみ合いから買いが優勢に。カーニー英中銀総裁がEU離脱修正案合意につ
いて肯定的な発言を行ったことなどが買いを誘った面も。明日の英下院でのEU離脱採
決は依然微妙な状況。採決自体の延期を狙う動きも見られるなど、不透明感が継続。
MINKABU PRESS