経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は期近の主要限月が小反落、コーンは続落

2019年10月22日(火)05時21分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2019/11 933.25 - 0.75
2020/01 946.75 - 0.75
 コーン       2019/12 387.25 - 3.75
2020/03 399.50 - 3.25
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は期近の主要限月が小反落。コーンは続落。
 大豆は期近の主要限月が小反落。終値の前営業日比は0.75ドル安〜2.50セン
ト高。中心限月の11月限は0.75セント安933.25セント。

 輸出検証高が前週から大きく増加して好調だったことは支援材料だったが、中国がオ
バマ前米政権時代の中国製品に対する相殺関税が世界貿易機関(WTO)協定を順守し
ていないとして、24億ドル規模の制裁措置をWTOに申請した文書がこの日明らかに
なったことが圧迫要因となった。ただ、期近の下げ幅は小幅にとどまりこう着感があっ
た。

 コーンは続落。終値の前営業日比は3.75〜0.50セント安。中心限月の12月
限は3.75セント安の387.25セント。

 場中に発表された輸出検証高は前週より増加していたものの、大豆に比べると低調
で、9月からの今年度の累計も前年同期の4割以下にとどまっていることで、軟調な展
開となった。小麦が急落したことも圧迫要因。一方、コーンベルトの雨勝ちの天気は収
穫遅れの連想から下支え要因となった。

MINKABU PRESS