経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆はまちまち、コーンは軒並み続落

2019年11月15日(金)05時42分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2019/11 900.25 - 2.25
2020/01 916.75 + 1.50
 コーン       2019/12 375.75 + 0.50
2020/03 384.75 + 0.75
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆はまちまち、主要限月は中国の購入を受けて反発、コーンは軒並み反発。
 大豆は期近の主要限月は反発。終値の前営業日比は3.50セント安〜1.50セン
ト高。中心限月の1月限は1.50セント高の916.75セント。
中国が米国の大豆を購入したと伝えられたことが強気要因になったものの、依然とし
て中国と米国の通商協議に対する見通しが不透明であることが重石となった。1月限は
前日安値を割り込み911.00セントまで下落。ただ、中国からの買いを受けて下げ
幅を縮小して反発に転じ、この日の高値付近で終えている。

 コーンは軒並み反発。0.50〜1.75セント高。中心限月の12月限は0.75
セント高の384.75ント。

 米産地では来週半ばまで概ね降雨の発生は無く、収穫が進行する見通しになっている
ことが弱材料となったが、エタノール生産量が増加したにもかかわらず在庫が減少して
いることが強気材料となって小反発に転じた。

MINKABU PRESS0