経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は続落、コーンは強気の輸出成約高などから反発

2019年11月22日(金)05時39分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2020/01 901.00 - 4.00
2020/03 915.25 - 3.75
 コーン       2019/12 368.50 + 1.75
2020/03 379.00 + 1.75
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は期近の主要限月が続落。香港人権法案を受け米中通商協議の進展遅延が懸念さ
れる。コーンは強気な輸出を受け反発

 大豆は期近の主要限月が続落。終値の前営業日比は4.75〜1.25セント安。中
心限月の1月限は4.00セント安の901.00セント。

 米上院で可決された香港人権法案がトランプ大統領に送付され、同大統領が署名する
見通しが強まっていることで、米中通商協議の進展が遅れるとの見方が強まり、これが
弱材料となった。ただ、米農務省(USDA)発表の週間純輸出成約高が強気な内容
だったことがサポート要因になるなか、900セント(9ドル)割れに対して抵抗を見
せ、終値ベースでも9ドルは維持した。

 コーンは総じて反発。終値の前営業日比は0.75セント安〜1.75セント高。中
心限月の期近12月限は1.75セント高の368.50ント。

 USDAが発表した週間純輸出成約高が強気な内容だったことが買いを支援した。
12月限は370セントに迫る動きを見せたものの、大豆の軟調な足取りが重石となっ
り、370セント台回復には至らなかった。

MINKABU PRESS0