経済ニュース速報 RSS

NY原油引け速報=小反発、中国に対する関税発動見送り報道で

2019年12月11日(水)05時35分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューヨーク原油(NYMEX)
                      帳入値  前日比
    原油     2020/01 59.24 + 0.22
        2020/02 59.14 + 0.22
        2020/03 58.88 + 0.24
                     帳入値  前日比
ヒーティングオイル 2020/01 196.55 + 2.13
改質ガソリン 2020/01 165.25 - 0.23
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク原油の期近は小反発。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が前
日比0.22ドル高。その他の限月は0.14〜0.42ドル高。

 15日に米国が対中関税を強化する期日を控え、米WSJが「米中交渉担当者が12
月予定の関税発動見送りを計画」と伝えたほか、ブルームバーグが「中国側は、関税引
き下げ協議の中で、15日予定の関税の発動の見送りを想定している」と報道し、警戒
感がやや和らいだ。先週、サウジアラビアやロシアを中心とした石油輸出国機構(OP
EC)プラスが減産目標を拡大したことも引き続き支援要因。
 改質ガソリンの期近は反落。ヒーティングオイルは反発。対中関税強化に関する米政
府の発表待ちのなか、模様眺めムードが強く売り買いが交錯した。
MINKABU PRESS