経済ニュース速報 RSS

アジア太平洋株式市況(午前)=下落、新型ウイルスの感染拡大懸念から

2020年01月21日(火)11時50分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午前11時43分現在のアジア太平洋の主要株価指数は下記の通り。

           直近値 前日比 高値 / 安値
中国  上海総合指数 3062.10 - 33.69(- 1.09%) 3085.79 / 3061.01
中国 深セン総合指数 1811.45 - 18.51(- 1.01%) 1825.30 / 1810.93
香港  ハンセン指数 28281.87 - 514.04(- 1.79%) 28492.03 / 28237.28

韓国  総合株価指数 2247.57 - 15.07(- 0.67%) 2266.31 / 2245.58
台湾    加権指数  日本時間10時から取引開始です。

豪 ASX200指数 7049.00 - 30.52(- 0.43%) 7079.50 / 7043.90
印 SENSEX指数  日本時間13時25分から取引開始です。

シンガポールST指数 3240.99 - 39.10(- 1.19%) 3275.15 / 3239.32
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 21日のアジア太平洋株式市場は軒並み下落。新型コロナウイルスの感染拡大への警
戒感から、アジア株では売りが広がっている。

 日本時間の午前11時43分現在、中国の上海総合指数は、前営業日比33.69ポ
イント安の3062.10ポイント。香港のハンセン指数が前営業日比514.04ポ
イント安の2万8281.87ポイント、オーストラリアのASX200指数が同3
0.52ポイント安の7049.00ポイントとなっている。

 中国大陸市場で上海総合指数は大幅反落。保険大手の中国人寿保険、酒造会社の貴州
茅臺酒、建設機械メーカーの三一重工、セメントメーカーのコンチセメント、石油大手
の中国石油天然気(ペトロチャイナ)が売られている。

 香港ハンセン指数は大幅続落。保険会社のAIAグループ、通信サービスのテンセン
ト・ホールディングス、銀行大手の中国建設銀行、石油大手の中国海洋石油(CNOO
C)、自動車メーカーの吉利汽車控股(ジーリー・オートモービル)が売られている。

 豪ASX200指数は反落。エネルギー会社のAGLエナジー、天然ガス輸送パイプ
ライン運営会社のAPAグループ、会計システム会社のゼロ、ソフトウェア会社のテク
ノロジー・ワン、石油・ガス会社のウッドサイド・ペトロリアム、が売られている。

MINKABU PRESS