経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=金は続伸、米国で二人目のコロナウイルス感染者を確認

2020年01月25日(土)05時20分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 20/ 2 1571.9 + 6.5 プラチナ  20/ 4 1010.6 + 3.3
20/ 4 1578.2 + 6.6       20/ 7 1015.8 + 3.3
銀 20/ 3 1811.3 + 28.4 パラジウム 20/ 3 2316.30 - 12.70
  20/ 5 1819.4 + 28.3       20/ 6 2310.30 - 12.20
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金は続伸。銀も堅調に推移した。終値の前日比は、金が6.4〜7.1
ドル高、中心限月の2月限が6.5ドル高、銀が27.7〜28.4セント高、中心限
月の3月限が28.4セント高。
 金2月限は続伸。中国を中心に新型コロナウイルスが感染拡大を続けているほか、春
節の大移動によって世界各地で感染者が増えることが懸念されている。米疫病予防管理
センター(CDC)は、米国内で二人目となる感染者を確認した。
 銀3月限は上昇。金相場に連動した。
 プラチナ系貴金属(PGM)では、プラチナは反発。パラジウムは続落した。前日比
は、プラチナが3.3〜3.5ドル高、中心限月の4月限が3.3ドル高、パラジウム
が12.70〜9.90ドル安、中心限月の3月限は12.70ドル安。
 プラチナ4月限は続伸。金が堅調に推移したことが買い手がかり。1月のドイツや
ユーロ圏の購買部担当景気指数(PMI)速報値に改善の兆しが見られたことは、世界
的な景気減速見通しを後退させ、プラチナの工業用需要拡大を期待させた。
 パラジウム3月限は続落。供給ひっ迫懸念を背景とした上昇基調のなかにあるが、前
日から利益確定の売りが続いた。
MINKABU PRESS