経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=金・銀が続伸、PGM系貴金属は反落

2020年02月15日(土)05時21分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 20/ 4 1586.4 + 7.6 プラチナ  20/ 4 968.8 - 5.9
20/ 6 1591.9 + 7.4       20/ 7 974.0 - 5.9
銀 20/ 3 1773.4 + 11.5 パラジウム 20/ 3 2316.70 - 34.30
  20/ 5 1781.5 + 11.4       20/ 6 2312.10 - 35.10
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は続伸。終値の前日比は、金が7.1〜7.6ドル高、中心限月
の4月限が7.6ドル高、銀が11.1〜11.5セント高、中心限月の3月限が
11.5セント高。
 金4月限は続伸。時間外取引では、中国に加え日本でも新型コロナウイルスの感染者
の増加が確認されたことが支援材料ながら、1580ドル台前半では戻り売りが待ち受
け、上げ幅を削り、小安くなった。日中取引開始後は複数の米経済指標が発表され、概
ね事前予想通りながら、1月の米鉱工業生産指数が事前予想を下回り、小売売上高が伸
び悩みを示すなど、金市況にとって追い風となった。ドルはしっかり、米株も売り先行
ながら下げ幅は限定的ながら、米債券市場で買いが先行し、10年債利回りが低下、新
型コロナウィルスの感染拡大による世界経済への悪影響により金をリスクヘッジとして
買う動きは強く、上伸した。
 銀3月限は金上伸につれ高となった。
 プラチナ系貴金属(PGM)はプラチナ、パラジウムは反落。前日比は、プラチナが
6.1〜5.4ドル安、中心限月の4月限が5.9ドル安、パラジウムが36.20〜
34.30ドル安、中心限月の3月限は34.30ドル安。
 プラチナ4月限は反落。時間外取引では、続伸する場面があったが、上げ幅を削り、
ほぼ変わらず。日中取引では、株安に対する警戒感などから売り優勢となった。
 パラジウムは時間外取引では15ドル程度の上げ幅を維持して続伸。しかし日中取引
では3連休を控えて利食い売り先行ムードとなり、マイナスサイドに軟化し、前日の上
昇以上の下落で引けた。
MINKABU PRESS