経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は総じて続落、コーンは軒並み反発

2020年02月19日(水)05時34分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2020/03 892.25 - 1.50
      2020/05 902.25 - 1.00
 コーン       2019/03 383.00 + 5.25
2020/05 387.50 + 5.50
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は中国からの需要待ちのなか総じて続落、コーンは強気な輸出と小麦高を受けて
軒並み反発。
 大豆は総じて続落。終値の前営業日比は2.25セント〜1.00セント安。期近3
月限は前日比1.50セント安の892.25セント。
 新型コロナウイルス懸念に加え、中国から依然として大量の需要が見られないことが
弱材料となった。全米油糧種子協会(NOPA)発表の1月の月間大豆圧砕量が事前予
想を上回っていたことを受けて買い戻す動きも見られたが、新型コロナウイルスの感染
拡大と、これに伴う業績悪化懸念を受けた欧米株式市場の弱い足取りに上値を抑制され
た。

 シカゴコーンは軒並み反発。終値の前営業日比1.25〜5.50セント高。期近3
月限は前日比5.25セント高の383.00セント。

 米農務省(USDA)発表の輸出検証高が事前予想の上限に近かったことが好感され
たうえ、小麦市場が堅調となったことが強気要因となった。3月限は一時は2月12日
以来の高値まで上昇し、383セント台を維持して取引を終えるなど高値圏で引けを迎
えたが、依然として1月30日以来の取引レンジ内での取引にとどまっている。

MINKABU PRESS