経済ニュース速報 RSS

欧州外為中盤=ドル円は110円台前半、ユーロドルは1.08台後半

2020年02月26日(水)20時30分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後8時29分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       110.47 + 0.27 (+ 0.25%) 110.58 / 110.13
ユーロ・ドル     1.0881 - 0.0001 (- 0.01%) 1.0898 / 1.0862
ポンド・ドル     1.2938 - 0.0067 (- 0.52%) 1.3010 / 1.2924
ドル・スイス     0.9752 - 0.0009 (- 0.09%) 0.9777 / 0.9729
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 米東部時間午前6時29分のドル円は、110円台前半での取引。ユーロドルととも
に米債利回り動向に素直に追随している。米10年債利回りは低下の動きが先行し、
1.36%近辺から一時1.31%近辺まで下げた。この動きにドル円は110.50
近辺から110.13レベルまで下落。その後、米債利回りが1.35%台へと上昇す
ると、ドル円は110.40台へと反発。値幅は30銭程度と比較的落ち着いた動き。
欧州株や米株先物の下落、NY原油先物の下落などリスク回避の動きには反応が鈍かっ
た。
 ユーロドルは1.08台後半での取引。序盤は米10年債利回りは低下の動きが先行
し、1.36%近辺から一時1.31%近辺まで下げた。この動きにユーロドルは1.
0870近辺から1.0898レベルまで上昇した。その後、米債利回りが1.35%
台へと上昇すると、1.0870台へと反落している。ドル円とともに米金利動向に敏感に反
応した。前日からの高値水準を伸ばすも値幅は限定的だった。ユーロ円は120円ちょ
うど近辺での揉み合いからやや買われて、高値を120.26レベルまで伸ばした。ま
た、対ポンドでの買いの動きも下支えとなっていた。新型コロナウイルスの世界的な感
染拡大は続いているが、ユーロ相場は反応薄だった。
 ポンドドルは1.29台前半での取引。1.30台が重く、1.2924レベルに本
日の安値を更新している。ポンド円は143.50近辺から142.68レベルまで下
落しており、東京高値からは1円超の下落となっている。NY原油先物が一段安とな
り、一時49.02ドルと、昨年1月以来の安値水準となった。北海原油を有する英国
とあって原油安がポンド売り圧力につながっているようだ。また、資源国通貨としてカ
ナダドルや豪ドルも軟調になっており、原油安の影響が色濃い。

MINKABU PRESS