経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=金が反落、プラチナは小反発

2020年03月28日(土)05時21分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 20/ 4 1625.0 - 26.2 プラチナ  20/ 4 740.3 + 2.9
20/ 6 1654.1 - 6.2       20/ 7 741.6 + 4.5
銀 20/ 5 1453.4 - 14.2 パラジウム 20/ 6 2196.80 - 29.30
  20/ 7 1458.3 - 10.2       20/ 9 2184.50 - 29.80
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金は反落、銀は続落。終値の前日比は、金が26.2〜5.9ドル安。
中心限月の6月限が6.2ドル安、銀が14.2〜7.5セント安、中心限月の5月限
が14.2セント安。
 金6月限は小反落。時間外取引から売り先行。期近4月限が20ドル以上の下落と
なったことに歩調を合わせ、1630ドル台に軟化した。日中取引では、序盤から欧州
株の下落で下値を切り上げた。米国株も下落して取引を開始すると前半の取引で押し目
買いが喚起され、1650ドル台まで回復。終盤には米株安、ドル安に支援され、プラ
スサイドに浮上する場面があったが、期近4月限が買い玉の整理で大幅安状態から抜け
出せないため、6月限も利食い売りが優勢となり、小安く引けた。
 銀5月限は時間外取引から売り優勢。日中取引後も買い玉の整理が先行し、戻り鈍く
推移した。
 プラチナ系貴金属(PGM)は、プラチナが小反発、パラジウムは続落。前日比は、
プラチナが2.9〜4.8ドル高、中心限月の7月限が4.5ドル高、パラジウムが
29.80〜29.30ドル安、中心限月の6月限は29.30ドル安。
 プラチナ7月限は小反発。時間外取引では、金軟調や景気の先行き不安から下落。日
中取引では、欧米の株価の下落が圧迫要因ながら、金に対しての割安感もあり、プラス
サイドに反転し、小高く引けtた。
 パラジウム6月限は、時間外取引では小高く推移。日中取引に入ると、景気先行き懸
念から利食い売りが先行し、マイナスサイドに軟化。2200ドル割れとなり、軟調に
引けた。
MINKABU PRESS