経済ニュース速報 RSS

NY外国為替後半=107円台後半で上下動

2020年05月28日(木)04時54分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本時間午前4時53分現在での主要通貨は以下の通り。
           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円  107.74 + 0.20 (+ 0.19%) 107.95 / 107.37
ユーロ・ドル 1.1002 + 0.0020 (+ 0.18%) 1.1031 / 1.0934
ポンド・ドル 1.2260 - 0.0074 (- 0.60%) 1.2354 / 1.2206
ドル・スイス 0.9683 + 0.0027 (+ 0.28%) 0.9728 / 0.9652
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 日本時間午前4時53分現在のドル円は1ドル=107.74円。NY時間の終盤に
入ってドル円は107円台後半での上下動が続いている。市場では米中対立激化への懸
念が高まっているが、時間外で米株先物が強い動きを見せていたことから、ドル円は1
07.95円付近まで上昇する場面も見られた。円安の動きがサポート。
 ただ、米株式市場が始まると、IT・ハイテク株中心に利益確定売りが強まっていた
ことから、結局、108円を達成できずに107円台での推移が継続。その後に米株は
再び上値追いの動きを見せたものの、ドル円は107円台で変わらず。ドル円はリスク
の動向を巡って、狭い範囲で一喜一憂する展開が続いている。ドルと円の方向感が同じ
であることから、107円台での膠着相場に変化はない。リスク選好・回避の材料では
レンジ相場は抜けそうにはないようだ。
 米中対立については、明日に最終日を迎える中国の全人代で香港の統制を強化する国
家安全法の導入巡り採決を行うが、可決はほぼ確実視されている状況。一方、米側も対
抗措置を講ずる意向で、トランプ政権は香港からの輸入品に対する優遇関税の停止を検
討しているとも報じられていた。市場では米中対立が再びエスカレートするとの警戒感
は根強い。人民元が対ドルで昨年9月以来の安値へ下落しており、明日の動きが警戒さ
れる。
 なお、午後に米地区連銀経済報告(ベージュブック)が発表され、経済活動は全ての
地域で低下を示していた。見通しもなお極めて不透明としており、企業の大半が悲観的
に見ていると報告している。ただ、想定内でもあり、それ自体に対する反応は限定的。
 ユーロドルはNY時間に入り戻り売りに押され、1.09ドル台半ばに伸び悩む場面
も見られた。ただ、米株が再び上値追いとなったことで1.10ドルちょうど付近まで
戻す展開。
 きょうは欧州委員会が7500億ユーロの財政出動策を提案すると伝わったことをき
かけに、ユーロドルは買い戻しが強まった。ユーロドルは上値を抑えていた1.10ド
ル台を回復し、ストップを巻き込んで1.1030ドル付近まで上昇する場面が見られ
た。200日線を回復し、テクニカル的にも上昇のサインが出るかにも思われたが、い
まのところは、そこまでの強さはない。明日以降に注目。
 ポンドドルも戻り売りが優勢になり、一時1.22ドルちょうど付近まで下落する場
面も見られた。ただ、後半になって1.22ドル台半ばまで下げ渋っている。きょうの
動きで21日線に跳ね返された格好となっており、上値の重い流れは続いているよう
だ。
 きょうはベイリー英中銀総裁のインタビューが伝わり、「利下げが引き起こす問題を
協議することは重要」との認識を示した。そのほか、「回復に対するリスクは下向き」
とも語った。ただ、それ自体へのポンドの反応は限定的。
MINKABU PRESS