経済ニュース速報 RSS

NY原油引け速報=小幅続落、ADNOCは来月からの輸出拡大を計画

2020年07月08日(水)05時28分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューヨーク原油(NYMEX)
                      帳入値  前日比
    原油     2020/08 40.62 - 0.01
        2020/09 40.70 - 0.03
        2020/10 40.84 - 0.04
                     帳入値  前日比
ヒーティングオイル 2020/08 124.33 + 0.16
2020/09 125.54 + 0.18
改質ガソリン 2020/08 127.50 + 3.42
2020/09 125.20 + 2.59
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク原油の期近は小幅続落。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が
前日比0.03〜0.01ドル安。その他の限月は0.05ドル安〜0.12ドル高。
 アブダビ国営石油会社(ADNOC)が8月の輸出量拡大を計画していると伝わった
ことが重しとなった。関係筋の話としてロイター通信が伝えた。コロナショック後、石
油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国は5月から日量1000万バレル近い減産
を開始し、7月もこの規模の減産を継続したが、8月以降は予定通り減算規模を縮小す
る可能性が高まった。
 米エネルギー情報局(EIA)が発表した月報で、米国の石油需要見通しが上方修正
されたことは支援要因だが、米原油生産見通しは引き上げられた。米国の減産は来年
4−6月期にかけて続くものの、従来の想定ほど減産規模は拡大しない見通し。
 改質ガソリンは反発。ヒーティングオイルは続伸した。EIAが米国の需要見通しを
引き上げたことを好感した。
MINKABU PRESS