経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は軒並み大幅続落、コーンは総じて反落

2020年08月08日(土)05時33分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2020/08 870.25 -10.50
2020/11 867.50 -10.50
 コーン       2020/09 307.75 - 3.50
2020/12 320.75 - 3.00
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は軒並み大幅続落。コーンは総じて反落。米産地の好天、需給報告でのイールド
(単収)引き上げ観測、ドル高が売りを支援。
 大豆は軒並み大幅続落。終値の前営業日比は10.50〜9.50セント安。中心限
月の11月限は10.50セント安の867.50セント。

 米農務省(USDA)発表の月例需給報告を控えるなか、米産地の好天を受けてイー
ルド見通しが引き上げられるとの観測が浮上したことが弱材料となった。また、イール
ドが引き上げられることで需給緩和が見込まれること、さらにはドル高の進行が売りを
呼ぶ要因。この日は中国向けの大量成約が前日に続いて伝えられたものの、市場の反応
は限られている。

 コーンは総じて軟調。終値の前営業日比は3.50セント〜1.75セント安。中心
限月の12月限は3.00セント安の320.75セント。
 引き続き米産地で好天が続き順調な生育が続いていることが弱材料視されたうえ、米
農務省(USDA)発表の月例需給報告でのイールド上方修正観測が広がったことでポ
ジション調整のための売りを誘発した。また、ドル高の進行により輸出需要の減少観測
が強まったことも弱気材料となった。

MINKABU PRESS